重要なお知らせ」カテゴリーアーカイブ

課外活動振興援助金の募集について

課外活動振興援助金の募集についてご案内します。

本援助金を申請する場合は、本ページ下部に添付している募集要項をよく確認の上、申請書を6/1(土)までに学生課へ提出してください。申請書は、本ページの添付ファイルからダウンロードできます。また、学生課でも申請書を配布しています。
—————————————————————————————————————–

以下、課外活動振興援助金の概要について(詳細は添付ファイルを確認すること)

【申請資格】
学友会に所属する団体であって、下記のいずれかにあてはまるもの
第1種:社会貢献、地域交流等を目的とした活動を計画しており、本援助金を支給することでさらに高い結果が期待できるもの
第2種:従来の活動に加え、新たな活動を計画しており、本援助金を支給することでさらに高い結果が期待できるもの
第3種:既に一定の実績を残している団体で、活動の充実のため、備品の購入が必要なもの(消耗品不可、現物支給)

【援助金申請額】
第1種・第2種:1件あたり10万円を上限とする
第3種:1件あたりの金額を5万円以上25万円以下とする
※審査の過程により、必ず申請通りの支給を受けられるものではない

【出願書類】
《出願時に提出するもの》

第1種 第2種 第3種
申請書【様式1】 必要 必要
申請書【様式2(第3種専用)】 必要
活動予算計画書【様式3】 必要
その他、各団体が必要と考える資料 任意 任意 任意

《活動終了後に提出するもの》

第1種 第2種 第3種
活動結果報告書【様式4】 必要 必要
収支報告書【様式5】 必要 必要
領収書等【様式5】 必要 必要
その他、各団体が必要と考える資料 任意 任意

【選考スケジュール】
1.出願 2019年5月22日(水)~6月1日(土)(窓口対応時間帯)
2.書類審査
3.面接審査 2019年6月中旬~下旬(書類審査通過後)
4.選考結果報告 2019年7月下旬
5.援助金等支給 2019年7月下旬以降

【活動終了後の報告について】
第1種・第2種で援助金を受給した場合、活動終了後速やかに(2週間以内)書類をそろえて学生課に提出し、3月に行われる「活動報告会」で報告をすること

【その他注意事項について】
添付の要項を確認すること

2019年度課外活動振興援助金の申請について

2019年度課外活動振興援助金 募集要項

課外活動振興援助金申請書(第1種・第2種)【様式1】

課外活動振興援助金申請書(第3種)【様式2】

課外活動振興援助金 活動予算計画書【様式3】

課外活動振興援助金 活動結果報告書【様式4】

課外活動振興援助金 収支報告書【様式5】

学生活動一般援助金の募集について

学生活動一般援助金の募集についてご案内します。

本援助金を申請する場合は、本ページ下部に添付している募集要項をよく確認の上、申請書を6/1(土)までに学生課へ提出してください。申請書は、本ページの添付ファイルからダウンロードできるほか、課外活動団体のメールボックスにも投函しています。また、学生課でも申請書を配布しています。
———————————————————————–

以下、学生活動一般援助金の概要について(詳細は添付ファイルを確認すること)

【申請資格】
1.学友会に登録している団体(体育会所属団体・文化会所属団体・その他サークル)及び個人
2.上記の学友会登録団体において、2019年度団体継続願を提出している団体
【援助金申請額】
10万円以内(審査の過程により、必ず申請通りの支給を受けられるものではない)
【出願書類】
学生活動一般援助金申請書(団体/個人)
【選考スケジュール】
1.出願 2019年5月22日(水)~6月1日(土)(窓口対応時間帯)
2.選考結果報告 6月下旬に通知
【審査基準】
1.申請書類の審査
2.2018年~2019年度の当該団体の主たる活動の状況(活動頻度/成績など)
3.文教大学の団体(学生)として模範的な団体(学生)であること

2019年度学生活動一般援助金について

2019年度学生活動一般援助金 募集要項

学生活動一般援助金申請書(個人)

学生活動一般援助金申請書(団体)

【注意喚起】投資用ソフト(USBメモリ等)の購入トラブルについて

最近、多くの大学や自治体の消費生活センターに、友人・知人から「日経225の先物取引で簡単に儲かる!」さらに「勧誘に成功すると5万円のマージンも得られる!」と、高額な投資用ソフト・教材の購入を誘われ、契約してしまったという相談が相次いでいます。
契約(ソフト/USBメモリの購入)には、40~50万円を必要とするため、多くの場合、言葉巧みに高金利の学生ローンの契約をさせられているようです。
こうしたケースでは、多くの場合、「ソフトの購入代金(50万円)」、「日経225への投資金額」が損失になるだけでなく、「5万円のマージン」を得るための執拗な勧誘で人間関係にも大きな悪影響を与える場合があります。
過去には、違法な勧誘を理由に消費者庁や自治体が行政処分を行ったケースもありますが、現在寄せられている相談についても、過去のケースときわめて類似しています(下記のリンク参照)。

東京都HP
東京都消費生活総合センター「東京くらしWEB」 ※検索ボックスに「USB」と入力
川崎市HP

学生のみなさんが、これらの勧誘に関わった場合には、自身が加害者になってしまう可能性があることをよく認識してください。
もし、「勧誘された」、「既に契約してしまった」という場合は、至急、学生課に相談してください。

飲酒に関する注意

本年度も無事新入生を迎え、新たな年度がスタートしました。
学生のみなさんもご存じのとおり、大学生の飲酒については、全国で毎年のように痛ましい事故が発生しています。
特に、新入生を迎え入れた4月の時期については、新入生・在校生ともに気分が高揚し、事故が発生する可能性が高くなっています。
また、事故には至らないまでも、周囲への配慮が欠けた行動やマナー違反により、迷惑をかける事例が数多く報告されています。
こうした行為は大学や学生の皆さんの社会的な信用を失墜させることになります。
学生諸君においては、下記の内容に改めて留意するとともに、法令及びマナーを遵守することを切に願います

1. 「未成年飲酒」は行わない(行わせない)こと。
2. 「イッキ飲み」は行わない(行わせない)こと。
3. 「飲酒の強要」は行わない(行わせない)こと。
4. 万一、同席者が酔いつぶれてしまった場合には、医療機関につなぐなどの適切な対処を行うこと。
5. 「酒」が関係するSNS上のトラブルについても報告されています。たとえ飲酒の事実がなかったとしても、未成年飲酒が疑われるような投稿は厳に慎むこと。
6. 上記の事項を含む、いわゆるアルコールハラスメントの被害に遭った(目撃した)場合は、学生課に相談してください。

学生をターゲットとした悪質な勧誘に注意!

学生をターゲットに、友人や先輩、SNSの知人などから連絡があり、カフェなどで、「楽して稼ぎたくない?」、「儲かっているよ。」等と言われ、学生ローンで借⾦をして契約させる連鎖販売取引(いわゆる「マルチ商法」)の消費者トラブルが発生しています。
下記のリンクを参照し、被害に遭わないようにすることはもちろん、知らぬ間に加害者となってしまっていることがないように十分注意してください。

トラブルに遭わないために、注意すべきポイント(消費者庁リーフレット)

通学路について~グリーンベルトが敷設されました~

大学および学友会では、毎月「通学マナーキャンペーン」を実施し、学生の皆さんの通学マナー向上にむけて取り組んでいるところですが、このたび、北越谷駅から出津橋にかけて路側帯及びグリーンベルトが敷設されました。
通学マナーを守り安全に通学してください。
詳細は、下記のファイルをご確認ください。

通学路について

【注意】登下校時のマナーについて

 登下校時のマナーについて、近隣の方からお叱りの電話をいただいています。文教大学の学生としての自覚を持ち、周囲の方、地域の方々へ迷惑をかけることのないようにしてください。

1.道路を歩く際は、広がらずに歩くこと!
2.自転車の並走は厳禁!(道交法違反)
3.大学と北越谷駅の間は住宅街です。
  夜間は、特に静かに通行すること。
4.「歩きスマホ」「自転車スマホ」は、周囲に注意が及ばなくなります。
  他人を危にさらしかねません。
  ※「自転車スマホ」は、県の規則で罰金が科されます

 なお、クラブ・サークル活動後については、特に気分が高まって周囲へ目が疎かになりがちです。クラブ・サークルの代表者は、代表者の責務として、所属学生への注意喚起をするようにしてください。