奨学金」カテゴリーアーカイブ

「学びの継続」のための「学生支援給付金」の申請手続きについて(第2報)

 新型コロナウイルス感染症の影響により、経済的に困窮する学生を対象とした「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」制度の実施が決定されました。
 文教大学においては以下の要領で募集いたしますので、受給を希望する方は期間内に申請してください。

※出願に関するQ&Aはこちらをご覧ください(随時更新します)

1.支給対象者の要件(基準)
 支給要件に該当する学部生、大学院生、専攻科生、留学生別科生を対象とします。
 詳細は文部科学省「「学びの継続」のための『学生支援給付金』申請の手引き(学生・生徒用)」をご参照ください。本学としては以下の通り取り扱うこととし、原則としてすべての要件に該当することが必要です(⑦は留学生のみ。また、留学生は⑥に該当する必要なし)

支給要件 補足
①家庭からの多額の仕送りを受けていない ・学納金を含む仕送りの合計が年額150万円以下であることを目安としますが、超えていても申請は可能です。
②原則として自宅外で生活をしている ・「自宅外」とは生計維持者(父母)のもとを離れ家賃を支払って生活している状態です。

一時的に帰省している場合であっても、賃貸契約が継続中であれば「自宅外」とみなします。

・また、自宅通学であっても、家庭からの支援を受けていなければ(学費の多くを自ら支払っているなど)対象とします。

③生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い ・2年生以上においては2019年度のアルバイト収入(年額)、1年生については2020年度のアルバイト収入(年額)で当初見込んでいた額を申告いただきます。
④家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない ・新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少があり、国や地方公共団体から公的支援を受けている場合は、それがわかる資料を提出いただきます(該当者のみ)。
⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入(雇用調整助成金による休業補償を含む)が大幅に減少(前月比の50%以上減少)している ・2020年1月以降(1年生については2020年4月以降)で、前月比50%以上の減収があった場合とします。

・4月に入学した場合で、アルバイト就業実績がないものの、見込まれたアルバイト収入が得られなくなってしまった場合は対象とします

⑥既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たす

1)高等教育の修学支援新制度(以下、新制度)の第Ⅰ区分の受給者

2)新制度の第Ⅱ区分又は第Ⅲ区分の受給者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の併給が可能なものにあっては、限度額まで利用している者又は利用を予定している者

3)新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者

4)新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者

5)要件を満たさないため新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、民間等を含め申請が可能な支援制度の利用を予定している者

・高等教育の修学支援新制度とは、2020年4月から始まった日本学生支援機構の新しい給付奨学金(授業料減免含む)を指しします。

・第一種奨学金とは、日本学生支援機構の貸与奨学金の種別の1つです。

・申請時点で日本学生支援機構の給付奨学金、貸与奨学金のいずれも受けていない場合は、原則として1か月以内になんらかの支援制度に申し込む予定であることが求められます。なお、「5)」に該当する方は、アンケートにおいて申し込み予定の支援制度を記載してください。

⑦留学生等(日本語教育機関の生徒を含む)については、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、経済的に困窮していることに加えて、以下の要件を満たすことが必要。(「外国人留学生学修奨励費」等と同様。)

1)学業成績が優秀な者であること。具体的には、前年度の成GPAが 2.30 以上であること

2)1か月の出席率が8割以上であること

3)仕送りが平均月額 90,000 円以下であること(入学料・授業料等は含まない。)

4)在日している扶養者の年収が 500 万円未満であること

2.申請方法・日程
申請には、以下(1)、(2)の手続きが必要です。

(1)「学生支援緊急給付金を受けるための要件に係る誓約書」および「学生支援緊急給付金申請書」の提出
B!bb’sのアンケート「「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」の申請について」に回答してください。アンケートへの回答をもって、「誓約書」および「申請書」の提出とみなします。
・文部科学省「申請の手引き」には、それぞれの様式をダウンロードのうえ必要事項を記入するよう指示がありますが、本学の手続きでは不要です。
・また、同じく「申請の手引き」では、LINEによる受付を行う可能性が記載されていますが、本学ではB!bb’sでの申請のみとします。

【申請締切】
2020年6月7日(日)23:59
※公平性の観点から期限内に回答が間に合わなかった場合は、理由の如何に問わず一切受け付けることはできません。
※アンケート回答後は、[回答済]になっていることを必ず確認してください。

(2)関係書類の提出(郵送)
・(1)の申請にもとづき、ご自身に該当する書類を郵送(レターパック使用のこと)してください。
・関係書類の詳細は「3.提出書類」に記載しています。
・やむを得ない事情で書類を提出できない場合は、(1)のアンケートの「申し送り事項」に詳細な状況を記載してください。
 
【書類提出締切】
2020年6月12日(金)必着

【書類送付先】

越谷校舎所属学生 〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337
文教大学 学生課 「学生支援緊急給付金」係
湘南校舎所属学生 〒253-8550 神奈川県茅ケ崎市行谷1100 
文教大学 教育支援課 「学生支援緊急給付金」係

【書類送付方法】
学生支援緊急給付金送付票を必ず同封すること

レターパックライトを使用し、期限までに必着で郵送すること
・「品名」には、「学生支援給付金関係書類」と記載すること

3.提出書類
 以下の書類を提出してください。やむを得ない事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に詳細な状況を記載してください。書類や情報の不足により状況が判別できない場合は、個別にヒアリングを行うことがあります。

※文部科学省「「学びの継続」のための『学生支援給付金』申請の手引き(学生・生徒用)」に“任意”、”提出可能な場合”とある場合についても、本学では推薦者選考のために使用しますので、下記の記載を優先してください。

取り扱い 書類名 補足
必須
学生支援緊急給付金送付票 提出書類を送付する際には、全員提出が必要です。
・印刷して記入したものを
提出書類送付時に同封してください。
原則
必須
①預貯金通帳の写し ・文部科学省「申請の手引き」には「任意」との記載がありますが、支給要件「①家庭から多額の仕送りがない」「⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少(前月比50%以上)」の確認に使用しますので、必ず提出してください

・2020年1月以降の3か月分程度を提出してください。4月入学者については4月以降分を提出してください。
・なんらかの事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に、提出できない理由と、状況の詳細を記入してください。

該当者
のみ
②アパート等の賃貸契約書の写し ・自宅外通学に該当する方は提出してください。

・契約日・入居日・契約期間・契約内容等がわかり、本人の居住が明確に判別できるものを提出してください。

・提出できない場合は、直近の家賃の支払い証明書や、住民票の写しを提出してください。

原則
必須
③アルバイト先からの給与明細の写し ・文部科学省「申請の手引き」には「任意」との記載がありますが、支給要件「⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少(前月比50%以上)」の確認に使用しますので、必ず提出してください

・2020年1月以降の3か月分程度で、減収したことがわかる月のものを提出してください。
・なんらかの事情で提出できない場合は、アンケートの「申し送り事項」に、提出できない理由と、状況の詳細を記入してください。

該当者
のみ
④コロナ感染症対策に係る公的支援措置を受けている場合の受給証明書 新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少があり、国や地方公共団体から公的支援を受けている場合は、それがわかる資料を提出してください。
該当者
のみ
⑤住民税非課税証明書 日本学生支援機構給付奨学金の第Ⅰ区分の受給者以外で、非課税世帯として申請する方は必ず提出してください。(第Ⅰ区分受給者は大学で把握していますので、提出不要です)
該当者
のみ
⑥日本学生支援機構以外の奨学生証等の写し ・奨学生証又は受給状況が分かる書類を提出してください。

・日本学生支援機構奨学金の受給状況は大学で確認できますので奨学生証の提出は不要です。

4)注意事項
・大学に与えられる推薦枠には限りがあるため、要件を満たしていたとしても必ず受給できるとは限りません
・申請内容の虚偽が判明した場合は、給付金の返還を求められるとともに懲戒処分の対象となる可能性がありますのでご注意ください。

「学生支援緊急給付金」の申請に関するQ&A

制度の出願に関するQ&Aは随時更新します。

質問 回答
対象者の要件
(全般)
支給要件は完全に満たす必要がありますか? ・原則として、「申請のてびき」の5ページに記載されている支給要件によりますが、選考に際しては「誓約書(B!bb’sのアンケート)」のチェック項目の内容のすべてに該当する必要があります。
対象者の要件
(全般)
支給要件を満たせば採用されますか? 国の基準による選考を行うため、支給要件を満たしていても採用されないことがあります。
対象者の要件
(全般)
・留年していても対象になりますか?

・休学中でも対象になりますか?

「誓約書(B!bb’sのアンケート)」のチェック項目の内容に該当すれば対象となります。
非課税世帯 非課税世帯か課税世帯かの判断はどう行うのですか? 非課税世帯と課税世帯では給付金額が異なります。非課税世帯の方は、B!bb’sのアンケート回答(申請)の際に、「非課税世帯に該当する」旨を回答してください。また、日本学生支援機構の給付型奨学金(第1区分)の受給者以外の方は、非課税世帯であることを証明するために「住民税非課税証明書(本人、父母)」を必ず提出してください。
対象者の要件
(全般)
要件資格を証明する書類が揃わない。 証拠書類の一部が揃わなくても申請自体は可能です。ただし、推薦枠の関係上、選考の過程で不利になる可能性があります。「申請のてびき」に“任意”、“可能な場合”等の記載がある場合でも、可能な限り提出してください。
対象者の要件
(要件①)
「多額の仕送りを受けていない」は、どのように証明するのですか? ・証明する資料として、2020年1月~5月(1年生は4~5月)の仕送り額が記載された預貯金通帳のコピーを提出してください。通帳に記帳していない場合など、提出できない場合はその旨を申請書(B!bb’sで入力)の「申し送り事項」に入力してください。
・「申請のてびき」には任意と記載されていますが、提出可能な場合は必ず提出してください。
対象者の要件
(要件②)
「自宅外で生活している」の証明は、どのように証明するのですか? ・アパート等の賃貸借契約書の写し、直近の家賃支払いが分かるもの、住民票の写し(本人と親のもの)などを提出してください。
賃貸借契約を行っていれば、今般の状況により一時的に自宅に滞在している場合も対象とします。
対象者の要件
(要件②)
「自宅で生活しているが家庭から支援を受けていない」は、どのように証明するのですか? ・「誓約書(B!bb’sのアンケート)」による、自己申告です(証明書提出の必要はありません)。ただし、申請書(B!bb’sで入力)の「申し送り事項」にその旨の説明を入力してください。
対象者の要件
(要件③)
「生活費、学費に占めるアルバイト収入の割合が高い」ことは、どのように証明するのですか? ・「誓約書(B!bb’sのアンケート)」による、自己申告です。
・アルバイト代が50%以上減少している(要件チェック⑤)に該当する場合には、該当すると考えていただいて構いません。
対象者の要件
(要件④)
「家庭からの追加的支援が期待できない」は、どのように証明するのですか? ・「申請のてびき」7ページを参照してください。
・「申請のてびき」の記載内容以外に収入減少を証明するもの(減少前後の比較ができる給与明細など)があれば、それでも構いません。
対象者の要件
(要件⑤)
「アルバイト代の減少」は、どのように証明するのですか ・証明する資料として、2020年1月~5月(1年生は4月~5月)のアルバイト収入が記載された預貯金通帳または給与明細を提出してください(減少前後が分かるもの/コピー可)。証明するものがない場合、就業実績が無い場合などは、その旨を申請書の「申し送り事項」に入力してください。
・「申請のてびき」には任意と記載されていますが、提出可能な場合は必ず提出してください。
対象者の要件
(要件⑥)
「既存制度について以下にずれかを満たす」の「1~5」は、どのように証明するのですか? 既に日本学生支援機構奨学金を利用している場合、または現在申し込んでいる場合は、証明書提出の必要はありません(奨学生証の送付は不要です)
・第一種奨学金を限度額まで利用が必要な方については、1か月以内に申込手続きが必要です。
対象者の要件
(要件⑥)
「既存制度について以下のいずれかを満たす」の「6」は、どのように証明するのですか? ・新たに申込を検討している支援制度について、申請書(B!bb’sで入力)に制度名を入力してください。
・原則として、検討中の支援制度には1か月以内に申し込み手続きが必要です。ただし、本学が秋学期に募集する「文教大学奨学金」、「文教大学大学院奨学金」を申請予定の場合はこの限りではありません。
対象者の要件
(要件⑥)
「既存制度について以下のいずれかを満たす」について、現在、新制度を申し込んでいる場合はどこを選択したらよいのか?
・「3)新制度に申し込みをしている者・・・」に該当します。
・第一種奨学金を限度額まで利用が必要な方については、1か月以内に申込手続きが必要です。

 

「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」について(1報)

2020年5月19日(火)に新型コロナウイルスの影響により経済的に困窮する学生を対象に、国による「学生支援緊急給付金」の給付が決定しました。
制度の対象者、詳細は文部科学省ホームページでご確認ください。
申請は大学を通じて行うこととなりますが、申請手続き等の詳細は、近日中に学生課のホームページ、B!bb’s等でお知らせします。
なお、国の基準で審査がありますので、申請した方全員が採用されるわけではありません。

家計急変時の日本学生支援機構奨学金の申し込みについて

日本学生支援機構奨学金の通常の申し込みに間に合わなかった場合でも、家計急変により奨学金の申し込みを希望する方については、随時相談を受け付けています
日本学生支援機構の家計急変を対象とした奨学金には、「給付奨学金(含む授業料減免)」と「貸与奨学金」の2種類があります。
申込を希望する方は、学生課に連絡してください。

1.給付奨学金(家計急変)
予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある者。

給付奨学金(家計急変)(日本学生支援機構HP)

新型コロナウイルスを原因とする家計急変の場合は、こちらを参照してください
日本学生支援機構給付奨学金(含む授業料減免)は秋学期にも募集が行われる予定です。家計急変に該当しない場合は、秋学期に申し込んでください。

2.貸与奨学金(緊急・応急)

(1)緊急採用(第一種奨学金 ※無利子)
失職・破産・事故・病気・死亡・災害等により家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。

緊急採用(日本学生支援機構HP)

(2)応急採用(第二種奨学金 ※有利子)
失職・破産・事故・病気・死亡・災害等により家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。

応急採用(日本学生支援機構HP)

【新入生・在学生の方へ】2020年度奨学金等の経済支援に関する各種説明会について(2020年4月30日更新)

文教大学では、経済的理由により学費の支弁が困難な学生を対象とした奨学金制度を取り扱っています。新規で奨学金の申込を希望する学生(全学年)や、高校等で申し込んだ結果、予約採用候補者となっている新1年生は、下記を確認の上、必要な手続きを必ず行ってください。
※申込者全員が必ず採用されるわけではありません。
家計急変による申し込みを検討している方は、こちらを確認してください。


【説明会開催情報】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、4/2~7に予定していた各種説明会はすべて中止といたします。
代わりに、下記【各種奨学金の申請手続きについて】に必要情報を掲載しました。
掲載された資料を熟読いただき、必要な手続きを行ってください。


【各種奨学金の申請手続きについて】

奨学金は学生本人の名義で支援を受けるものです。したがって、手続きは学生本人が行ってください

<高校等ですでに申込、採用候補者となっている新1年生対象>
日本学生支援機構 貸与型奨学金予約採用候補者
日本学生支援機構 給付型奨学金予約採用候補者(高等教育の修学支援新制度)

<2020年4月に新規で申込を希望する学部学生対象(全学年)>※2020年4月30日更新
日本学生支援機構 貸与型奨学金
日本学生支援機構 給付型奨学金(高等教育の修学支援新制度)
※既に貸与中、あるいは採用候補者となっている奨学金とは別の種別に申し込みたい場合も含む。
(例:現在、第一種のみ貸与中だが、新たに第二種も申し込みたいなど)

<2019年度に在学予約を申込、採用決定した学部学生(2年生以上)>※2020年4月21日追記
日本学生支援機構 給付型奨学金在学予約採用者(高等教育の修学支援新制度)

<2020年4月に新規で申込を希望する大学院生対象(全学年)>※2020年4月9日追記
日本学生支援機構 貸与型奨学金  大学院
※既に貸与中、あるいは採用候補者となっている奨学金とは別の種別に申し込みたい場合も含む。
(例:現在、第一種のみ貸与中だが、新たに第二種も申し込みたいなど)

<2020年4月に新規で申込を希望する大学院生対象(2年生)>※2020年4月10日追記
文教大学大学院奨学金
※1年生は、秋学期に募集(9月末ごろガイダンスを実施予定)します。


【各種奨学制度の概要について】
※申込期限などの詳細は大学の指示にしたがってください。

◆日本学生支援機構貸与型奨学金の制度概要
日本学生支援機構HP「奨学金の制度(貸与型)」

◆高等教育の修学支援制度(日本学生支援機構給付型奨学金及び授業料減免)の制度概要
日本学生支援機構HP「奨学金の制度(給付型)」
文部科学省特設HP「学びたい気持ちを応援します高等教育の修学支援新制度」

◆文教大学奨学金の制度変更に関するお知らせは≪こちら≫を確認してください。


【授業等減免を申請した場合の学納金の取り扱いについて】

「大学等における修学の支援に関する法律」に基づく授業料減免及び給付奨学金(高等教育の修学支援新制度、以下「修学支援制度」)の手続方法及び認定された場合の学納金については、下記のとおり取り扱います。
なお、下記のファイルに記載されている説明会はすべて中止となっています。
「高等学校等で予約採用候補者に決定している方」、「在学予約で採用が決定した方」、「これから申し込む方」は上記「各種奨学金の申請手続きについて」をご覧いただき、必用な手続きをとってください。

授業料減免を申請した場合の学納金について(在学生用)
授業料減免を申請した場合の学納金について(新入生用)

日本学生支援機構奨学金の説明会について

2020年度の日本学生支援機構奨学金(貸与・給付)の、①予約採用候補者を対象とした説明会、②新規に申し込む方を対象とした募集説明会について、現在対応を検討しています。
対応が決定し次第、HP及びB!bb’sでご連絡しますので、情報をこまめに確認してください。

授業料減免を申請した場合の学納金について

「大学等における修学の支援に関する法律」に基づく授業料減免及び給付奨学金(高等教育の修学支援新制度、以下「修学支援制度」)の手続方法及び認定された場合の学納金については、下記のとおり取り扱います。
なお、新型コロナウイルスによる登校停止の措置により、説明会の開催が未定となっています。
対応が決定し次第お知らせします。

授業料減免を申請した場合の学納金について(在学生用)
※「在学予約で採用が決定した方の採用者説明会」、「これから申し込む方の募集説明会」ともに、開催が未定です。対応が決定し次第お知らせします。

授業料減免を申請した場合の学納金について(新入生用)
※「予約採用候補者を対象とした説明会」、「これから申し込む方の募集説明会」ともに、開催が未定です。対応が決定し次第お知らせします。

 

 

【新2年生】2020年度 博報教職育成奨学金の募集について

児童教育を支える未来の優秀な教育指導者を育成し、子どもたちの未来に貢献することを目的とした「博報教職育成奨学金」の募集を行います。奨学金を希望する場合は、以下の要項を確認し期限までに所定の書類を学生課へ郵送提出してください。なお、対象者には、出願書類一式をB!bb’sで配信済です。

2020年度_博報教職育成奨学金募集要項

※出願資格が細かく記載されています。要項を熟読してください。
※出願期限:2020年4月10日消印有効

【重要】2020年度 新年度オリエンテーション等の変更について

新型コロナウイルスの感染に係る諸状況を踏まえ、本学の学生の皆さんの感染防止のため、
2020年4月1日(水)~2020年4月15日(水)の期間、登校を禁止するとともに、
新年度オリエンテーション等の予定を変更
します。
詳細は、下記のリンクを参照してください。

2020年度 新年度オリエンテーション等の変更について

なお、オリエンテーション期間中に予定していた健康診断および日本学生支援機構奨学金のガイダンスについては、対応を検討しています。
決定し次第、連絡します。