よくある質問

受講資格について

新免許状・旧免許状とは何ですか?
平成21年3月31日までに授与された免許状を「旧免許状」、平成21年4月1日以降に授与された免許状を「新免許状」と呼びます。
旧免許状所持者で、免許を授与されて10年経過していなくても更新講習を受講しなければならないのでしょうか?
旧免許状保持者の場合、免許状の授与から起算して10年以内に表1や表2の修了確認期限を迎えた場合、免許管理者(勤務校の存する都道府県の教育委員会。免許の授与者とは異なる)に所定の手続きをすることによって、修了確認期限の延期をすることができます。
免許状を所持しており、かつて教員として勤務した経験があるが、現職にはない。更新講習の受講は可能ですか?
可能です。
免許状を所得しているが、教員としての勤務経験がありません。更新講習の受講は可能ですか?
今後、教職に就く予定があれば受講可能です。都道府県教委の臨時任用リストに登録されていたり、教員免許を必要とする仕事に従事することが内定しているなどのケースが考えられます。
複数の教員免許を所持している場合、免許の数だけ更新講習を受ける必要があるのでしょうか?
更新講習30時間を受講すれば、所持する免許状すべてが更新されます。
現在は免許状を所持していないのですが、免許取得のための所要資格は得ています。また、所要資格を得てから10年以上が経過しており、これから免許状授与の申請をしようと思うのですが、更新講習受講は必要でしょうか?
必要です。免許取得の所要資格を得てから10年が経過していない場合は、受講不要です。
更新講習受講手続の際に必要になる「受講対象者であることの証明」とは何でしょうか?
ご自身が更新講習の受講対象者であることを、所属長等から証明してもらう必要があります。
受講者の立場 証明者
現職教員 勤務校の校長・園長
過去に教員として勤務した経験のある者 過去にその者を雇用していた者
(過去の勤務校の校長など)
教育委員会などで教育に関する
仕事に従事する者
教育委員会
今後、教員として勤務予定の者 その者を雇用する予定の者

更新講習について

免許状更新に必要な、更新講習の時間数はどのくらいですか?
30時間です。内訳は、全ての受講者が受講する「必修領域」が6時間以上、受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する「選択必修領域」が6時間以上、受講者が任意に選択して受講する「選択領域」が18時間以上とされています。
「1時間」とは60分のことか、大学における「1時間」つまり45分のことですか?
60分です。
たとえばA大学で必修6時間、選択6時間を受講し、B大学で選択必修6時間、選択12時間を受講するようなことは可能ですか?
可能です。ひとつの大学で、30時間の講習すべてをまかなう必要はありません。
選択講習における「主な受講対象者」とは何ですか?そこに指定されている者以外は受講できないのでしょうか?
「主な受講対象者」とは、その選択講習が想定する対象者を予め知らしめ、受講者と講習実施者の意志のミスマッチを防止するためのものです。 したがって、「主な受講対象者」に記載のない方でも、「履修認定職種」が適合していれば受講可能です。たとえば、受講者として高等学校教諭(国語科)を想定する講習を小学校教諭が受けても、履修は認定されます。 ただし、極力ご自身の勤務校種や専門教科に沿った講習を受けるのが望ましいとされます。
教諭の免許と養護教諭の免許、両方を所持している場合、選択講習はどのように受講すればよいのでしょうか?
現在の勤務職種に合わせて選択してください。
修了認定試験はどのような形で行われるのでしょうか?また、合格基準はどのようなものですか?
小論形式、一問一答形式、指導略案作成、実技など様々なものが考えられます。いずれも100点満点のうち60点以上の得点で合格となります。(文教大学の場合)

その他

免許状に記載された名前が旧姓のままなのですが、更新は可能でしょうか?
可能です。新しく授与される免許状には、現在の姓が記載されます。
更新講習を受講せず免許が失効した場合、教員免許所持の旨を履歴書等に記載できなくなるのでしょうか?
文部科学省の見解では、更新講習未受講により免許が失効するなどしても、免許状取得に要した単位まで無効になるわけではないので、履歴書への記載は可能です。ただし、誤解を生まないためにも「更新講習未受講」のような文言を添えるのが望ましいようです。