講座名

日商簿記検定3級対策講座

概要

簿記検定とは?
簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理のスキルや分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。

◆試験ガイド
● 試験内容:商業簿記
● 合格基準:個人企業における経理担当者または経理補助者として必要な商業簿記に関する知識を有しており、かつ簡易な実務処理ができる。
● 試験時間:2時間 ● 受験料:2,570円(3級)
● 試験実施団体:日本商工会議所(http://www.jcci.or.jp/)
● 検定スケジュール:年3回
※2017年度実施日:2017年6月11日、11月19日、2018年2月25日(いずれも日曜日)

講師

ヒューマンアカデミー講師

関連情報

【講座コード】K18060F
【日程】11月11日〜2月17日
【曜日・回数】土曜日(9回)
【時間】13:00~16:10
【受講料】40,700円(テキスト代含む) 
【定員】50名
【単位数】
【対象】
【持ち物】電卓(10桁以上が望ましい)
【テキスト】①スッキリわかる日商簿記3級
 第7版
②スッキリとける日商簿記3級
 過去+予想問題集
【その他】

講座申込締切 11月2日(木)
目標試験日 2018年2月25日(日)

日程

◆簿記基礎
【第1回】11月11日(土)
(1)簿記の目的 (2)試算表

【第2回】11月25日(土)
(3)商品売買の記帳方法 (4)為替手形

【第3回】12月2日(土)
(5)手形の裏書 (6)訂正仕訳

【第4回】12月9日(土)
(7)主要簿 (8)三分割法の決算処理

【第5回】12月16日(土)
(9)英米式計算法 (10)減価償却

【第6回】1月20日(土)
(11)費用・収益の決算整理 (12)P/LとB/Sの作成

【第7回】1月27日(土)
(13)(14)3級総まとめ

◆資格対策
【第8回】2月3日(土)
(15)(16)直前答案練習

【第9回】2月17日(土)
(17)(18)試験対策

備考

※10名未満の場合は非開講になることがあります。