講座名

スマホ並みに手続き簡単。Web版ムービーメーカー

― 情報デザイン講座:動画の作成 ―

概要

デジタルカメラが広く世の中に知られるようになったのが、1995年ころだったと記憶しています。液晶画面を見ながら撮影し、画像データをメモリに保存するようなスタイルも、当時こそ新鮮でしたが、今ではすっかり当たり前になってしまいました。もう、20年も経っているわけですから…。手軽さからか、自分でも把握できないくらい撮り貯めた画像があります。枚数もわからないくらい。何のために写したかもわからないような画像や動画も、多分あるはずです。貯まっている場所すらわからないかもしれません。昔は、アルバムに一枚一枚貼ることで、思い出をしっかりと刻み付けましたけど、このままにしておくと「思い出」がすっかり流されて行ってしまいそうです。そこで今回は、静止画を繋げて動画にしたり、静止画を集めてコラージュしたり、動画に文字や音楽を重ねてみたりすることで、思い出を形にする技術を皆さんと考え直していきたいと思います。今回はネットで話題のWeb版ムービーメーカー kizoa(https://www.kizoa.jp/)を使います。無料版でも充分な機能があり、インストールもアカウント申請もいりません。

講師

鈴木 賢男 [すずき まさお]

1963年生まれ。1991年金沢大学大学院研究科修士課程修了。現在は文教大学で「情報基礎」「情報活用」などを非常勤で担当。

関連情報

【講座コード】K13030F
【日程】9月19日〜10月24日
【曜日・回数】火曜日(5回)
【時間】18:00~19:30
【受講料】8,200円 
【定員】40名
【単位数】5単位
【対象】興味のある方(初心者も可)
【持ち物】
【テキスト】プリントを配布します。
【その他】

日程

【第1回】9月19日(火)
今までの静止画と動画の作成と編集

【第2回】9月26日(火)
画像の配置で表現するコラージュ

【第3回】10月3日(火)
自動で進むスライドショーによる動画

【第4回】10月10日(火)
動画へのテロップや音楽の組み込み

【第5回】10月24日(火)
その他の機能と動画編集への応用

備考

※6名未満の場合は非開講になることがあります。