講座名

ペン字講座

―古典に学ぶ ―

概要

誰もが自分の手書き文字をきれいに美しく書きたいと願うのは当然のことと思います。そこで今年度はレベルアップして中国の古典に文字の真髄を求めてみます。書の世界では「楷書の極則」と呼ばれている歐陽詢の『九成宮醴泉銘』を採りあげてみます。『九成宮醴泉銘』を臨書する姿勢で挑戦してみましょう。初めは戸惑いを感じるかもしれませんが、進むに従って端正な結構の姿に心を惹かれるかもしれません。『九成宮醴泉銘』の臨書をします。

講師

吉沢 義和 [よしざわ よしかず]

1960年東京学芸大学書道科卒。元文教大学教授。日展会友。讀賣書法会理事。埼玉県書道人連盟顧問。川越書道協会顧問。

関連情報

【講座コード】K16030W
【日程】1月24日〜3月14日
【曜日・回数】水曜日(4回)
【時間】15:20~16:50
【受講料】5,500円 
【定員】20名
【単位数】4単位
【対象】
【持ち物】筆記用具(鉛筆・2B)
【テキスト】
【その他】

冬期:11/1申込受付開始

日程

【第1回】1月24日(水)
『九成宮醴泉銘』の臨書

【第2回】2月14日(水)【第3回】2月28日(水)
漢詩を書く

【第4回】3月14日(水)
漢文を書く

備考

※7名未満の場合は非開講になることがあります。