講座名

説話と仏像

概要

仏像造立の由来譚や仏像の霊験譚などさまざまな仏像にまつわる説話伝承を読みながら、仏像に寄せる日本人の心のあり方を探ります。

講師

稲垣 泰一 [いながき たいいち]

東京都生まれ。金城学院大学教授、筑波大学大学院教授を経て文教大学教授。平成27年3月退職。筑波大学名誉教授。専門は『今昔物語集』を中心とする、古代・中世説話文学、及び寺社縁起の研究。

関連情報

【講座コード】K11250F
【日程】11月15日〜12月20日
【曜日・回数】水曜日(6回)
【時間】13:00~14:30
【受講料】7,800円 
【定員】30名
【単位数】12単位
【対象】
【持ち物】
【テキスト】
【その他】

日程

【第1回】11月15日(水)
帝釈天像・四天王像と説話

【第2回】11月22日(水)
稲荷神像(茶吉尼天像)と説話

【第3回】11月29日(水)
維摩像・釈迦十大弟子像と説話

【第4回】12月6日(水)
行基菩薩像・鑑真和上像と説話

【第5回】12月13日(水)
聖徳太子像・円仁像と説話

【第6回】12月20日(水)
空也像・宝誌和尚像と説話

備考

※5名未満の場合は非開講になることがあります。